2012年09月04日

子供は自由に描く・・・・・どこにでも。。。

子供は絵を描くのが好きである。
そして、発想は自由だし、その発想には枠組みがない。

よって、子供が絵を描くのは画用紙やノートだけではない。

...
時によって人の体だったりもする。
父親の体だったりもするのだ(汗)。。。

僕が家にいる時に酔っ払ってリビングで寝てしまうと、娘たちの楽しい企みが始まる。

熟睡して無抵抗な僕の服を脱がし、父親の体をキャンバスに絵を描き始めるのだ!

次の日何も知らず目を覚まし、シャワーをしようと服を脱ぐと、驚くほど体中にペイントされている!

僕の両胸は乳首を中心に見事なお花が描かれ、ヘソを中心にまたお花なんぞが描かれ、おしりには丁寧にも右尻と左尻にお顔が描かれたりしている(汗)

それを知って、僕はもちろん怒らないし、昨夜の映像を想像して楽しむ。

僕は自分の父親にそういったことをしたことがないのは、それが『威厳』からなのか、怒られるのではという『恐怖』からなのか、その両方なのかもしれない。

娘たちだって、父親の体に絵を描くことは勧められるべきことではない事はわかっているだろう。

その禁断を行うスリルと、悪戯的な強い好奇心とが混ざり合い、なんとも高いテンションで『キャッ、キャッ』と言いながら、お酒で目をさますことのない父親の体に絵を描く楽しさは、詳細まで想像できる。

改めて僕は自分の体を見ながら、娘の成長を思う。

二女は今日9月4日が4歳の誕生日。

いつまで、僕の体に絵を描いてくれるかと思いながら、意外と落ちにくいペンで描かれた体をこするのであります(^^)


shingo0906 at 09:45コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月13日

やってしまいました・・・・(汗)

明日8月14日から23日までアメリカに行ってきます☆彡

ところが・・・・・、やってしまいました(涙)

前回僕は10年間自分の髪を自分で切っていると書きましたが、出発前にと思いハサミを持ったのです。

そして、やってしまいました(汗)

短くしすぎました!!!

...
だけでなく・・・・・・、後頭部に相当の『まだら』を作ってしまいました(涙)

まだら、まだら、斑目委員長・・・笑えません。

これはやばいと思い、さらにハサミを入れるという悪循環。。。

最後はさじを投げる前に、ハサミを投げました・・・笑うしかありません(笑)

今回気が付いたことは、『過信は禁物』ということです。

まあでも、日はまた昇るし、毛はまた生える!!!

とはいえ、今できる選択肢の中でベストを尽くす必要はありますので、今から代々木公園あたりに行って日焼けしてきます。

そして、少しでも地肌を黒くしてカモフラージュします(@_@)


shingo0906 at 11:09コメント(0)トラックバック(0) 

僕は10年以上散髪屋に行っていません(@_@;)

僕は10年以上散髪屋に行っていません。
もちろん、美容院にも行っていませんし、髪が伸びないわけではありません(笑)

そうです!放っておくと髪は伸びるのです!

...
では、どうしているのしょうか???

【答え】は簡単です。【自分で切っている】のです。

僕は人生の中で、自分の思い通りに髪を切ってもらったことがなかったのですが、『そこは切らないで』とか、『そこはもう少し切って』というのが苦手で、ついつい『あっ、大丈夫です(汗)』って感じでした。

だから、ある日勇気を持って家にあったハサミを握ったのです。。
100円バサミです。

自分のリクエスト通りに髪を切ってもらえないのなら、自分のリクエスト通りに自分で髪を切れば良い。

いたってシンプルな発想です。

自分の髪を自分で切るという、小さく見える大きな新しい一歩を踏み出したのです。

では、最初からうまくいったでしょうか?

とんでもなありません!!!

道具は100円バサミ、三面鏡などなく一面鏡に100円の手鏡を合わせ持って切るのですから、はっきり言って失敗しまくりです。

髪を切る際に失敗するとどうなるかというと、髪の薄い部分が出来るのです。
つまり・・・、【ハゲ】が出来るのです(涙)

それをカバーしようと周りを薄くすると、左右が非対称になるので反対側を切る。。。

そんなことを繰り返すうちに、とんでもなく短くなるのです(号涙)

ただし、大切なことがあります。【学ぶ】のです☆彡
そして、【経験値】が増えるのです☆彡

さらに、有難いことに・・・・・、髪はまた生えるのです(^^)

日は沈んでも、陽はまた昇るのです。
そして、髪は失敗して切っても、髪はまた生えるのです(笑)

でも、とってもこれは大切なポイントなのです!!!
僕達が人生で重大だと思っている失敗は、実は大したことのないことばかり☆彡

またやってみればいいのです。

もしも、僕が最初の失敗で、自分で髪を切るのをやめていたとすれば、どこかの散髪屋に行って自分の思い通りではない髪型をしてストレスを感じ続けているでしょう。

最初、後ろ髪を切るのはとても難しく、妻に切ってもらっていましたが、今ではまさに妻の手も借りないで切れるようになりました。

でも、相変わらず使っている道具は100円バサミと100円手鏡

お風呂でスッポンポンになって、右手でハサミ、左手で鏡。
持ち替えて左手でハサミ、右手で鏡を繰り返しながら調整していきます。

最初よりはうまくなっていますが、もちろん今でも失敗します。
でも、髪はまた生えるのです。

そして、そのプロセスで僕が最も学んだことは・・・・・、

【続ければうまくなる】です!!!

一つのことを継続すれば、失敗はありますが、必ずうまくなるのです。完全なる成功にたどり着けるかどうかは分かりません!でも、うまくなるのです。

これは人生でも同じではないでしょうか?

自分の人生が自分の思い通りでないとしたら、自分でリクエストしてみる。
最初はうまくいなかいと思いますが、続ければ必ずうまくなります

最初にリクエストしたゴールにたどり着ける保証なんでどこにもありませんが、
確実に近づいていることだけは確かです。

【やってみる】⇒【失敗する】⇒【方法を学ぶ】⇒【継続する】⇒【理想に近づく】

そして、今でも失敗があるのであまり僕の後頭部を見ないで下さいね(笑)


shingo0906 at 10:35コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月12日

はっさく大福☆彡

はっさく大福を作っているものの『ホームページはまだ無い(笑)』と、先日書いた広島三原の幼馴染のお餅屋さん平本くん。

簡単な注文ページが出来てみたいです☆彡

田舎もち 平本商店↓ ↓ ↓
http://hiramochi.com/

ただ、はっさく大福は、はっさくシーズン終了とともに終わるらしいです。

ちなみに、はっさくを作ったのも、ページを手伝いで作ったのも同級生♪

餅つながりだけに、粘っこい仲ですね(笑)



shingo0906 at 08:59コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月29日

『はっさく大福』

58737d45.jpg

広島県三原市の友達に、僕の小学校からの親友でお餅屋さんがいる。

彼とは小さな頃から一緒に剣道をして、彼は広島県内でも一番強かった。

彼の名前は『平本太作』。名前は『たいさく』と読むのだけど、表彰状をもらったりする際の名前を呼ばれる時に、

『優勝!ひらもと たさく!!!』と威勢のいい声に対して、『いやいや、たいさく。たいさく。』と大人に突っ込む、ひょうきんな子供だった。

彼は3代目の餅屋なのだが、高校を卒業したあと、『餅屋を継ぐ前に大学で遊びたい』という欲求を満たすべく2浪するも全ての大学にすべり、結局は夢のキャンパスライフを経験せずにもち屋を継いだのも、彼らしい愛嬌を感じる。

じゃっかん女性に奥手だった彼は、結局僕の妻の親友と結婚したのだけど、その子の実家が『米屋』。

『餅屋』+『米屋』=『餅米』という最高の組み合わせになったのも人生という舞台の最高のギャグだろう。

そして、最近彼は『はっさく大福』を製造し販売を開始した。

ちなみに中身のはっさくも高校の同級生が作ったもの。

そんな『はっさく大福』を売っている広島県三原市のお餅やさん『平本商店』・・・・・、ホームページはまだ無い(笑)



shingo0906 at 14:35コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月22日

号泣幼稚園☆彡

今日は大阪でセミナーをするので新幹線で向かっているところです☆彡

4月になり、二女の夏摘は幼稚園に行き始めました。

通園時はこれ以上ないというエネルギーで泣きまくっていましたが、少しずつ慣れてきたようです・・・が、まだ泣いているようです(笑)

でも、良いんです。

嬉しい時に笑って、悲しい時は泣いて、人の気持ちを理解して、素直で明るくて、人にありがとうを言える生き方さえしてくれれば。

泣いても抱きしめてくれる人の愛情を感じてくれれば。

そして、元気でいてくれさせすれば。

幸せって遠くにあるもんじゃなくて近くにあって、目に見える物ではなくて目には見えない心で感じるものだと、つくづく思います。

先日お風呂で、小4の長女が二女を励ますために、『なっちゃん、お姉ちゃんも幼稚園に行ってたんよ』

というと、年が離れているためお姉ちゃんが幼稚園に行っていた事を知らない二女は、

『えっ!そうなん!』と、キョトンとした純粋な驚きに、知っている知識と知らない知識が繋がる瞬間を垣間見ました☆彡



shingo0906 at 12:50コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月06日

トイレにて♪

下の娘は3歳なので、まだトイレは誰かが連れて行く。

オシッコの時には付いたまま一緒にいるのだけど、ウンチの時は『ウンチじゃけえ!臭いけえ、あっちへ出とって!出たら呼ぶけえ!』

と、幼いながらに変な気を遣い、一人でトイレに閉じこもる。

『ええのに、なつみのウンチは臭うないのに』と言っても、『ええけえ、出とって!』

そんなある時、『ウンチじゃけえ・・・、』と始まった時に、こんなやり取りがあった。

僕が『なつみ、なつみ、お父さんはなつみの事が可愛いじゃろ。じゃけえ、なつみのウンチも可愛いんよ』

と言うと、なつみはちょっと不思議そうで嬉しそうな表情をした。

すると、なつみは『じゃあ、なつみのシッコも?』

僕は『そりゃそうよ。なつみのことが可愛いんじゃけえ、なつみのシッコも可愛いよ』

もう少し嬉しそうに、『じゃあ、なつみのおならも?』

僕は勢いづいて、『もちろんよ!なつみが可愛いんじゃけえ、なつみのおならも可愛い』

なつみは、とっても嬉しそうにしていた☆彡


そこで、僕は調子に乗って質問してみた!

『じゃあ、お父さんのおならは???』

すると、トイレという密室の中で、これ以上にない大声で、彼女は言い放った!

『ダメ〜〜〜!!!臭い〜〜〜!!!』

一件落着(笑)


でも、僕からの愛が伝わったのか、なつみの笑顔は大きかったです♪



shingo0906 at 15:51コメント(0)トラックバック(0) 

2012年03月11日

311に心改まる。

‎311の衝撃は今も全く小さくならない。そして、一年を経て、新しく心が改まる。

津波で多くの命が奪われ、日本は広島・長崎についで、『フクシマ』で3度目の大きな被爆をした。

原発は今も危険な状態にあり、色んな事が明るみに出てきている。
...
東電を始め大企業、政治、メディア、御用学者など少数の人達が、効率性の裏に隠れた『カネ』に群がり、国民に大きく痛々しい被害をもたらしてしまった事実は隠そうにも隠せない。

それでも、今までの方向性を変えようとせず、何かにしがみつく人たちはたくさん存在し、ある都市銀行は仝朕佑療典ぢ紊鮠紊欧襪と原発再稼働をすること、の2つを条件に東電に1兆円の融資を考えたりしている。

国民に犠牲を負わせて、国民に全ての負担が降りかかることで、何を解決しようとするのだろうか?

311を経験して、何かが終わった。でも、ひとつの終わりは新しい始まりを意味する。

個人が知ることを知り、意識を高める。本来の姿である人間が人間らしく、思いやりを持ち、大切な物を大切にして生きる。

そして、真実から目をそらさずに、心に希望を感じて進む。

そこから本当の笑顔が生まれるのではないでしょうか。

新しい一歩を踏み出したいと思います☆彡


shingo0906 at 13:04コメント(0)トラックバック(0) 

2012年03月09日

3月9日♪

‎3月9日は僕の親友の誕生日(^_-)-☆

そして、《サンキューの日》

『ありがたい』と思える素直な気持ちはいつまでも持っていたいと思います。
...
僕の広島のばあちゃんが、『慎吾、誰に対してもありがとうございます、いう謙虚な気持ちでおれよ』と教えてくれていました。

まだまだなかなか出来ません。

そんな僕は娘に対して、『人にちゃんと挨拶できて、素直で、優しい思いやりがあったらそれだけでええよ』と日頃話しています。

みなさん、本当にいつもありがとうございます♪


shingo0906 at 11:33コメント(0)トラックバック(0) 

2012年01月24日

【大きな手、小さな手】

【大きな手、小さな手】

大きな手は、小さな手を守るためにある

大きな手は自分の生き方によって、小さな手に希望や光を感じさせる事ができる
...
もちろん、大きな手は、小さな手のための犠牲になる必要はない
...
大きな手だってはしゃいだって良いし、ふざけたって良いし、落ち込んだって良い、立ち止まったって良い

ただし、大きな手の間違った選択によって、小さな手を犠牲にしてはならない

大きな手の都合で、小さな手の都合を勝手に変えてはいけない

善意なき大きな手は、自分の手を汚すことなく、悪意なき小さな手の人生を傷つける

大きな手が自分のことだけを考えてしまえば、決して小さな手と手を繋ぐことができない

大きな手から小さな手に時代を渡すのではなくて、実は小さな手からバトンを借りているだけなのだ

だから、大きな手は、そのバトンを大切に優しく返してあげるべきである

大きな手は、小さな手を明るい方へ導くためにある

大きな手は、小さな手の希望を与えることが出来る

実は、大きな手だって弱いのだから、弱さを認めれば小さな手をもっと優しくいたわれる

そして、その大きな手で、小さな手を温かく包みこんで『大丈夫だよ』と安心と笑顔を与える事ができる

言葉はなくとも、大きな手は、小さな手を、静かな穏やかな愛で包みこんであげられる

だから、大きな手は、小さな手よりも、手が大きいのである

やはり、大きな手は、小さな手を守るためにあるのだろう


↑ ↑ ↑

最近、何気なくフッと浮かんだ感じのイメージです


shingo0906 at 22:35コメント(2)トラックバック(0) 

2011年12月31日

2011年もありがとうございました(^O^)/

ブランコ 昨日12月30日から広島県三原市の実家に帰っています☆彡

父親が孫たちのために作ったブランコに乗って、今年のそれぞれと、2012年の展望を思いました。

今年は3・11から大きな変化を感じました。

世の中では色んな事がバレバレになったり、反省することなく開き直る人がたくさん現れたり、自分の生き方もたくさん問われた気がしました。

復興もまだまあだ、放射能の影響もこれから増してしまうでしょう。

そんな中で、自分の出来ることは何かも考えていく必要があるでしょう。


でも、やっぱり、自分が自分であること、自分がより自分であることが、まず最初に出来ることのような気がします。

単純ですが、自分のために人を傷つけることなく、人の為になるような自分であり、着飾った言葉は必要なくとも、心の伴う優しさを持ち、軽はずみは動きではなく、洞察の深い想いを感じながら生きていく。

事がうまく運んだ時に有頂天になるのではなく、事がうまく運んだ時だからこそ謙虚になる。

状況が良くないときにどん底に落ちるのではなく、状況が良くない時だからこそ小さな希望を見つける。

そんな純粋でシンプルな生き方をしていきたいと思います。

そして、ユーモアと笑顔にあふれる毎日を送っていきたいです。

ことしも本当にありがとうございました♪

2012年も色々と思いもよらない変化があると思いますが、よろしくお願いします(^O^)/



shingo0906 at 18:32コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月09日

人生は楽しい♪

高田純次 僕たちの人生はコメディのような気がする。

どうでもいいような事に対して真面目に思い悩んだり、とっても大切な事なのにお茶らけてみたり。

大局で見れば、結局はどっちでも良かったということがほとんどである。

それを、その都度その都度、瞬間瞬間、僕たちは大真面目に考えたり、ふざけたりしているとしたら、それ自体がコントである。

元を正せば、人生ってそれほどかっちりと正確なものでもなければ、それほどぐにゃぐにゃでいい加減なものでもない。

僕たちは人生という大きな河を流れているにすぎないとすれば、その流れに身を委ねることによってのみ、人生を全て選択できるという船に乗れるのではないだろうか。

この世は、社会は、とかく真面目である。まあ、真面目にふざけているとも言える。

真面目という型にはまることで自分の居心地を探しているのだろうか。

型があるから安心し、型があるから破りたいという、何か境界線みたいなものを出たり入ったりしているのだろうか。


人生は時期によって、良いと思えるようなことがあったり、最悪と思われる状態に陥ったりすることがある。

僕は最近それがあまり気にならなくなってきた。

どっちも良いし、結局は大丈夫なんじゃないかと思う。


一時の状況に一喜一憂するのは、魚を食べて『美味しい!人生最高!』とテンションが上がったあとに、魚のほんの小さな骨が喉に刺さって、『人生最悪!もう終わりだ!』と叫んでいるようなものである。

どんな出来事も、どんな感情も、それは人の厚みを増してくる大切な経験であり、人生の色を増やしてくれる貴重な体験だろう。


だから、人生は楽しい♪とっても楽しい♪

どんなことも、あらゆることが、楽しい♪

喜ぶ事も、嬉しい事も、思い悩む事も、悔しがる事も。

全てが楽しい♪

僕たちは、人生という数十年の舞台をコメディアンとして楽しんでいるだけなのだろう。

それさえ分かってしまえば、全てを楽しむことが出来るだろう。


PS:高田純次の写真と内容は特に関係ありません(笑)



shingo0906 at 17:32コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月28日

友達たちの活躍♪

セミナーズというサイトをご存知でしょうか?

ラーニングエッジという会社が運営しているサイトで、様々なセミナーを案内してくれる内容で、非常に人気があります。

僕は社長の清水くんとは親友であり、セミナーズを作る前から仲良くしています。

そして、500万人の実績を出した営業の神様ブライアン・トレーシーの教材を販売する権利を持つ会社を子会社がしたそうです!

そして、そのブライアン・トレーシーの教材を使って大きく結果を伸ばした実績でインタビューされている手塚さんもとても仲良しの友達です。

【無料動画】年収を10倍にする方法http://123direct.info/tracking/af/383022/viz3uVNg-RkQH4DEH-pDLdbkWF/

無料登録で手塚さんのインタビューと、ブライアン・トレーシーの映像が
見られますのでご覧ください♪

仕事の面でめちゃくちゃ役立ちます!!!
そして、人生でめちゃくちゃプラスになります!!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【無料動画】年収を10倍にする方法

売れないストレスで口内炎だらけになっていた営業の素人が、

ルート営業しか経験していない、営業の素人が、

ある営業手法を取り入れたところ、
たった【5年】で【年収を10倍以上】になりました。

その秘密を無料で公開しています。

http://123direct.info/tracking/af/383022/viz3uVNg-RkQH4DEH-pDLdbkWF/


無料ですが、8月10日までの期間限定ですのでお急ぎください。


ただし、
最先端のノウハウでも、最新のテクニックでもありません。

最新作を求めるノウハウコレクターには
お勧めできませんのであらかじめご了承ください。


■ この無料動画で得られる内容は・・・。

・最終的にお客が商品を買いたくなってしまう営業の流れ

・見込み顧客がいなくなる恐怖から解放される方法

・トップセールスの営業テクニックを意識的に行う方法

・お金持ちと仲良くなり、お金持ちを紹介してもらう方法

等が学べます。

下記の特設ページから無料登録が出来ます。

http://123direct.info/tracking/af/383022/viz3uVNg-RkQH4DEH-pDLdbkWF/

<追伸>

あなたの5年前の年収を考えてみてください。
今の年収はその時の何倍ですか?

試しに、周りの友人にも聞いてみて下さい。


10倍になっている方はほぼいませんし、
例え年収400万円の人が4000万円になったとしても、
その収入が5年、10年と続いている方は皆無に近い。


更に言えば、

例え10年その年収が続いたとしても、
忙しさのあまり、家族を犠牲にしたり、
妬まれて友達がいなくなったりする人が多い訳です。


今回のインタビューで登場いただく方は、

年収アップはもちろん、
温かい家族に恵まれ、
非常に意識の高い人脈、友人に囲まれ、
やりたい事を仕事にしながら日々を
楽しく過ごしています。


そんなライフスタイルを送りたいのであれば、
無料登録して、インタビューを参考にして下さい。

http://123direct.info/tracking/af/383022/viz3uVNg-RkQH4DEH-pDLdbkWF/

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

友達の活躍をこうしてみるのは純粋に嬉しいものです♪



shingo0906 at 22:24コメント(0)トラックバック(1) 

2011年07月20日

なでしこジャパンに学ぶ。

なでしこジャパンのサッカーワールドカップ優勝は、本当に素晴らしい、素晴らしすぎる結果ですね(^0^)/

サッカーでワールドカップを獲得することがどれだけ難しく、どれだけ名誉なことかを考えれば、最高の栄誉だと改めて思います!

しかし、今までのなでしこジャパンがどれほど注目されていたかというと、非常に低い関心度でした。

ましてや、選手達は仕事をしながらサッカーをしていたのです。

今回、やっと最高の結果で日本中の注目を受けて日の目を見ていますが、僕たちは日陰の部分をほとんど知りません。

テレビ映像で今までの苦労と努力を見たとしても、今までの彼女達の感情や心境を知る由もありません。

でも、彼女達は何もない状態から、光を信じて続けてきたのです。

ちなみに、今回MVPと得点王を手にした澤穂希選手は、6歳でサッカーをはじめ、日本代表入りして18年の32歳だそうです。

でも、言い換えれば代表入りして18年間、男子ほど注目もされず、決して将来の栄華を約束されたわけでもなく、ただただ自分を信じて、夢を信じて、あきらめることなく、ひたむきにサッカーを続けてきたのです。

くじけそうになったり、あきらめかけたり、しおれそうになったり、手放しかけたり、きっと何度も乗り越えてきたことでしょう。

しかし澤さんは『夢を信じて、あきらめずに、継続する。』

しかも、18年間。サッカーを始めてからは26年間。

つかんだ栄光は世界最高。

僕はにわかに応援した一人ではありながらも、澤さんをはじめ、女子選手たちのそんな背景を想像すると、大きな力を感じずにはいられませんでした。

そう考えれば、僕が今のビジネスを始めて9年、澤選手が代表入りしてからの18年の半分でしかありません。

身が引き締まりました。

それにしても、やっぱり凄い!なでしこジャパンおんめでとう!!!



shingo0906 at 12:21コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月05日

スイカとお父さん。

僕は果物の中でも、スイカが一番好きだ。

小さいころ家族でスイカを食べたいたら、種ありスイカなのに、なぜか父親がスイカの種を出していない。

『お父さん、種はどうしょうるん?』

『食びょうるんよ。』

『なんで出さんのん?』

『めんどくさいけえ。』


僕は子供ながらに『なるほど〜!』と納得したものだった。


今思えば納得するものでもないのだが、スイカを食べながらこんな事を思い出した。

風雲ライオン丸のレコードも父親とよく聞いていたものだ↓↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=Gm0BtGbheiY&feature=related


今の僕は39歳。当時の父親の年齢を越えているのも何だか感慨深い。

まだまだ、俺は子供だわ。



shingo0906 at 19:34コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月13日

『立場』と『発言』

3・11から3ヶ月と少しの時間が経ったが、3・11は遠い過去にも思え、昨日にも思える。

とにかく3ヶ月と少し経ったのは事実だろう。

しかし、福島第一原発の状況は悪化の一途であり、4号機が相当やばいという情報や、いやいや福井の高速増殖炉もんじゅは一変すると、もっとやばいという情報もあったり。


■高速炉もんじゅ落下装置引き上げに工学的無理
http://news.livedoor.com/article/detail/5625269/

■高速増殖炉もんじゅで今起きている事
http://d.hatena.ne.jp/shiba_yu36/20110329/1301399251

■もんじゅ課長『死』の意味 
http://www.aera-net.jp/summary/110515_002390.html


ただし、テレビ等のメディアからは、危機意識を薄くしようという何かしらの意図を感じるような番組の作り方になっていたり、政治家は復旧・復興と言う大義名分を掲げて小学生の終わりの会のような寸劇を園児ながら、見えない大きな利権を奪い合ったりしている。

とっても、一人ひとりの国民が愚弄されている気がしてならない。

本質の本当の本音は、インターネットテレビで放送されているが、それを見ている人は全体から見れば少数で、国民の大多数をコントロールすべくテレビの中では肩書きのある人たちやバッチのある人たちが、『立場』を最大限に生かした『発言』で僕たちの目先を変えていく。

そして、僕たちは状況の悪化や、最悪の状況を引き起こしかねない状態を見ないようにアイマスクをされ、喉元を過ぎる前から暑さをドライアイスで冷やされる。

『そして僕は途方に暮れる』という歌があったが、今回はそうではない。

『そして僕たちは脳天気にさせられる』だろう。

僕たちは、ただただ目の前にある幸せを感じたり、日常にある美しいものに目を向けたり、そうやって生きていきたいだけなのに。

でも、『立場』があるひとも、人の子であり、人の親である人もいるでしょう。

だとしたら、今回の事態も、これから起こるであろう事態に対しても、『立場』から『発言』するのではなく、『ひとりの人』として、人の子として、人の親としての『発言』をしてもらいたいと心から思います。

決して難しいことではないと思いますし、それこそが一人ひとりが役割を果たせるのではないでしょうか?

僕にはモットーがあります。

【一生ふざけて生きていきたい】

一生ふざけて笑顔で生きていけるような日本に戻って欲しいと切に思います。



shingo0906 at 19:27コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月31日

何2歳?

日曜日の予定だった小学3年の娘の運動会が順延となり、今日火曜日に行われた。

梅雨に入ったとはいえ、最高の天気は危険な紫外線を放ち、完全なるTシャツ焼けになりました。

岡山の小学校だからと言って放射性物質を気にしなくてもいいのが当たり前だが、当たり前ではない福島近辺の小学校を思うと色んな気持ちが募る。


夕食を終えて、2歳半の娘に、

『夏摘は何歳???』

と聞くと、

『2さい!』

と答えた後に、こう質問を返してきた。

『おとうさんは、何(なに)2歳???』

うん???何2歳???

そうか、自分が2歳だから、それ以上という意味で聞いたのだろうが、僕は真面目に、

『お父さんは、39歳。』

と、くそ真面目に答えてしまった。


せっかくなら・・・・・・・・、

 

『お父さんは・・・・・・・・、青二才。』



くらい洒落を利かせればよかった。。。


子供から見て、早く大人になりたいと思えるような大人でありたいものである。


とは言え、一生自分が青二才であろうことも、うすうす気が付いているわけであります(^^)



shingo0906 at 22:17コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月21日

希望を見つける。

3月11日で確かに日本は、世界は変わってしまった。

メディアの取り上げ方は既に軽くなりかけているが、福島原発の現状はさらに悪化している。


その中で僕たちにはいろんな選択肢があるが、冷静に判断すると沢山の不安が出てくるのは当然の事だと思う。

今までは問題が無いと思っていた。

でも、大きな問題が発覚した。

この大きなマイナスは、不安は、すぐには、いやずっと無くならないかも知れない。

でも起きてしまったし、いろんなことが表に出て、マイナスや不安は明らかになった。


しかし、人間は不安だけでは生きてはいけない。

だから、もしも10の不安を感じたら、どんな事でもいいので10の希望を見つけてみる。

20の不安を感じたら、20の希望を見つけてみる。


不安を希望が上回ってしまうとシンプルな話だが、単純につらい。

希望の指数が不安を上回ると、人は純粋に光を感じる。


そう考えると、世界を変えた大震災と大事件は、新しい希望を見つける機会になるだろう。


そして、人生をかみしめる良い機会になるのかもしれない。



shingo0906 at 17:51コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月20日

オムツとメルトダウン。

オムツが取れなかった2歳半の二女が、初めてトイレでうんこが出来たと喜びの報告があった。

テレビでは、福島第一原発の1号機をはじめ、2・3号機もメルトダウンしていたと報道がなされた。


どちらも今起きている事。

そしてまた希望と不安を抱えて、新しい一日が始まる。


果たして僕の心のオムツは取れているのだろうか(汗)?


今までの反省と、これからの光を感じながら、明日を迎えよう。



shingo0906 at 01:21コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月04日

『ふりだし』

子供の頃すごろくをしていて、『ふりだしにもどる』に止まると、
全く最初に戻ってスタートしていましたね。

僕は、今の状態はまさに全員で一緒に『ふりだしにもどる』位の
大きな変化だと思います。

人生観が大きく変わりますし、価値観も変わります。
仕事に関しても、健康に関しても、人間関係に関しても、本当に大きな変化です。

そして、みんな全員が一斉に『ふりだし』に戻ってのスタートです。

そのプロセスにはこれからも色んなことがあるでしょうし、
うまくいったりうまくいかなかったりするでしょう。

すごろくでは、『一回休み』や、『3つもどる』など、進んで行かない気が
する時もありますが、人生も一緒です。

ただし、最も大切な唯一のことは・・・・・・・【サイコロを振る】事です。

サイの目が≪1≫でも≪6≫でも、どちらでも良いのです。

サイコロを振らなくなったら、すごろくでも一生『あがり』にはたどり着けませんが、
サイコロを振っている限り、必ず『あがり』に近づいていきます。

一緒に『ふりだし』から『サイコロ』振って進んでいきましょう。

人生はどこからでも、どんな状況からでも、リスタートできますからね。



shingo0906 at 10:03コメント(1)トラックバック(0) 
Profile
大塚 慎吾
毎日のブログを読んで頂きありがとうございます♪

このブログによって、読む前よりも読んだ後の方が、人生が楽しく、明るく、素敵な響きを感じて頂けたら嬉しいです♪

僕の人生のモットーは、
 悗△衒』・エネルギーを高める
⊆分を深く信頼する
うまくいくという期待で満たす
です♪

人生は、「選択」できて「自由」であり、多くの人の人生に少しでも素晴らしい影響をプレゼント出来るよう、小さな、しかし、大きな変化をもたらす気付きをお楽しみ下さい♪

ありがとうございます(^O^)/
Archives
Favorite
  • ライブドアブログ