2005年05月25日

『桃太郎』に見る成功哲学♪

46070770.jpg
日本の昔話を代表するものの一つとして、『桃太郎』がある
 
〔おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に・・・
すると、川上から大きな桃がどんぶりこ・どんぶりこと流れてきた!〕
というそれである
 
まあ、桃から生まれたというだけで珍しいので物語になるかもしれないが、
もしも、桃太郎は大きくなって平穏無事な生活を楽しんだとさ。。。おしまいとなったら、『おい!桃太郎!鬼退治に行けよ!!!』と突っ込みたくもなるが・・・・・、
ご安心下さいちゃんと、鬼が島に行ったからこそ桃太郎ですから。
 
 
しかし、この桃太郎の物語のなかに、現代にも、いや現代にこそ当てはまる、
大切な原則を見ることが出来る!そして大きく活用できる!
 
それは・・・・・
 
『ビジョンを示し、行動を起こすと、資源が集まる』という原則である
 
桃太郎は大きくなると、鬼の悪行三昧を許す事ができず、鬼が島に
鬼退治に行くと言い出す
 
これは、まず鬼退治をする『決心』をして、おじいさんとおばあさんに『ビジョン』と
『向かうべき方向性』を示している
 
それによって、集まった第一の資源が・・・・・そう!
 
『きびだんご』である!!!この資源がその後よく働くんだな〜(笑)
 
 
そして、桃太郎は鬼が島に向かうという『行動』に出る
 
すると、『も〜も太郎さん、もも太郎さん、お腰につけたきびだんご
ひとつ〜私に下さいな〜』と犬がやってくる
 
そうです!!!『ビジョンと方向性を持って行動』していたので、
第二の資源が近づいてきたのです!
 
桃太郎は、『あげましょう〜!あげましょう!これから鬼の成敗に、
ついて行くならあげましょう』と、一見バーター取引(笑)のような事を言うが、
結局、犬は桃太郎についていく
 
 
ここで、僕は考えた。最初、犬が桃太郎に話しかけた段階では、
桃太郎が鬼退治に向かっている事を知らない。
 
ただ単に「お腰につけたきびだんご」が欲しかった。
その後すぐに、鬼退治に行くという桃太郎のビジョンを知って、
結局それにやられているのである(笑)
 
だって、犬ですよ!鬼に勝てると思いますか?
しかも、腰にきびだんごをぶら下げた少年と一緒に行くのですよ!
そして、命ときびだんごはどっちが大切ですか?
 
犬の目的はきびだんごから、桃太郎と一緒にビジョンを達成する事に変化しているのです
 
引き続き、第三の資源、猿がやってきて、犬と同じ経緯を辿る
もうこうなれば相乗効果が発揮されまくりである
 
そうしていると、第四の資源、雉(きじ)がやってきて、犬や猿と同じ経緯を辿る
 
 
結果的に、最高のチームワークを発揮して、桃太郎軍団は
鬼退治をして凱旋帰国する事になる
 
 
最初は桃太郎たった一人が、動き出しただけである
すると、勝手に資源が集まってきたのである。
 
大きなヒントと答えが詰まっているような気がする
 
さあ、桃太郎の皆さん!鬼退治に出かけましょう


shingo0906 at 11:13コメント(1)トラックバック(1)ビジネス  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 日本昔話のギモン  [ 創意 ]   2005年05月28日 13:51
不思議ではありませんか?桃太郎に出てくる犬、猿、きじは「きびだんご」で鬼退治に行...

コメント一覧

1. Posted by 河本由里   2005年05月25日 19:05
まさか桃太郎の話がねぇ…見つけた大塚さんに感心しました! 簡単に言えば、ビジネスもむつかしく考える事なく、素直に桃太郎になり伝えたい人にきびだんごと同じエッセンシャルやオブティマイザーを差し出したらいいんですよね♪ なんか楽しくなって来ました!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
大塚 慎吾
毎日のブログを読んで頂きありがとうございます♪

このブログによって、読む前よりも読んだ後の方が、人生が楽しく、明るく、素敵な響きを感じて頂けたら嬉しいです♪

僕の人生のモットーは、
 悗△衒』・エネルギーを高める
⊆分を深く信頼する
うまくいくという期待で満たす
です♪

人生は、「選択」できて「自由」であり、多くの人の人生に少しでも素晴らしい影響をプレゼント出来るよう、小さな、しかし、大きな変化をもたらす気付きをお楽しみ下さい♪

ありがとうございます(^O^)/
Archives
Favorite
  • ライブドアブログ