2005年10月28日

120%、つまり20%増しで伝える♪

タラフォーいま、HGが流行っているみたいですね

それをまねして、タラちゃんが『フォー

・・・・・・・なんでカツオは笑っているんだ理由は次回

哲学思想のランキングをご覧下さい!フォー


人間関係が潤滑で、深い信頼で結ばれるとしたら、人生の色合いは明るさを増す

そして、僕の周りにも、あなたの周りにも素敵な人達はたくさんいる


もしそんな素敵な大切な友達と話す際により良い関係が出来たらどうでしょうか?

出来たら自分が思っている相手の素晴らしい点を言葉にして届けましょう

僕が心がけている事ですが、仮にその人の魅力が100%だとした場合に、

20%増しで、つまり、120%くらい魅力があるということを言葉にするようにしている


すると素敵な変化が起きるのです

『○○さんには、こんな魅力がありますよ』と、120%の魅力を伝えると、

その人は20%分だけ膨張して、実際に120%になろうとするしかも、心地よいままで

すると、この世に20%の質量が増えた事になる

しかも、今度は120%が100%ととなるので、その120%を伝えると、複利で魅力が増えていく


気をつける点があるとすれば、ウソやおべんちゃらはいけない

本当に相手に対して感じている魅力や素敵な点を100%とした場合の、

120を伝えるという点である


素敵な人間関係があり、魅力のある人に囲まれて送れる人生の素晴らしさは、

何事にも変えられないものである


そして、それは他から与えられるものではなく、自分から発信していける事である

120%を伝え合いましょう

そして、一緒に素敵で、楽しく、充実した人生を謳歌していきましょう


哲学・思想ランキングは何位かな???見てみよう!!!



shingo0906 at 02:07コメント(6)トラックバック(0)言葉  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 笑顔整体の院長   2005年10月28日 02:17
120%ですね^^
ちょっとオーバーに言うぐらいが丁度言いのかもしれませんね。ぽちっ
2. Posted by あなたのアロマセラピスト   2005年10月28日 09:40
大塚さん、おはようございます。
わぁ〜今日もとてもステキなブログですネ☆☆☆
とっても素晴らしい事だと思いました!!
私も早速真似させて頂きます。(笑)
ありがとうございます。
応援クリックもポン!
3. Posted by 沢村政人   2005年10月28日 10:40
初めまして。
資産家の会話さんから流れてきました。

120%ですね。

やや増量みたいなぁ(笑)

そうですね、常にその人の魅力のほうに視点をあてるようにしていきます。

ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。
4. Posted by hight:ハイト   2005年10月28日 11:52
書き込みありがとうね(^▽^)
120% フフフいい言葉だぁ★

今年のスノボツアー(笑)
そろそろ企画しないとね♪
何処にしますかぁ???
 ニュージーランドで、ヘリスキーツアーって手もあるよ(^^)
5. Posted by ひまわり   2005年10月28日 22:02
100%を120%にして褒めて、複利で魅力倍増。
そして素敵な人間関係があり、魅力のある人に囲まれて送る人生は、すばらしいですね!!

すごくいいアイディアです☆
6. Posted by まっきぃ   2005年10月29日 01:18
何だコレ〜!めちゃめちゃ笑えます
フォーな家族!∵ゞ(≧ε≦o)

120%の実行、いいですね!
まっきぃは接客業ですので、笑顔120%を心がけています。と言いますのも、120%の笑顔でようやく、80〜100に見えるようなのです。
100%ですと、どうやら60〜70%くらいにしか見えていないようなのです。だけど120%でやっていると、自然とそれが普通にできるようになるもんですねっ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
大塚 慎吾
毎日のブログを読んで頂きありがとうございます♪

このブログによって、読む前よりも読んだ後の方が、人生が楽しく、明るく、素敵な響きを感じて頂けたら嬉しいです♪

僕の人生のモットーは、
 悗△衒』・エネルギーを高める
⊆分を深く信頼する
うまくいくという期待で満たす
です♪

人生は、「選択」できて「自由」であり、多くの人の人生に少しでも素晴らしい影響をプレゼント出来るよう、小さな、しかし、大きな変化をもたらす気付きをお楽しみ下さい♪

ありがとうございます(^O^)/
Archives
Favorite
  • ライブドアブログ