2009年02月10日

『人』を感じる。

夕日明日は6歳の紗加の幼稚園の発表会☆彡

4月から小学生になるため、幼稚園最後の発表会♪
明日は楽しみだ☆彡

そして、今日は5ヶ月の夏摘の節句のお雛様を買いに行った。

最初は岡山で最大手のデパートへ☆彡

物は良かったがピンとこずに、別の『お人形屋さん』へ。

店構えは大きくはないが、清潔感があり、どうやら親子で店番をしている。


お父さんはわりと一生懸命に説明してくれる。

そこに何だか、『人』を感じた。

言い換えれば、ヒューマニズムというか、人間臭さというか、人らしさ。

結局、ピンとくる人形にも出逢い、そこで購入した。


包装をしながらも、丁寧に丁寧に説明してくれる。

「そこまで説明しなくても大丈夫ですよ」と心でありがたく感じながらも、微笑ましく感じる。


買い物が終了した時間も時間だったので、『今日は外食して帰るか〜♪』

っということで、ラーメンを食べに行った。

美味しかった〜♪

美味しかったし、そういう時間にこそ幸せを感じる☆彡


心が喜ぶ美味しい時間を過ごしてラーメン屋を出ると、2・3軒横に、じゃっかん古びた酒屋があった。

そう言えば家にチーズがあったと想い、赤ワインを買いに入った。


昨今は大型店舗が増えて、○○屋さんが減った。

大型電化製品店でさえ、たくさんのお酒を売っている時代である。

しかし、お酒は手に入っても、ストーリーが見えてこない場合が多い。


今日ははっきりストーリーが見えた。

酒屋の夫婦は60歳くらいだろうか。じゃっかん萎びた酒屋であり、何十年も続けてきたのであろう。

酒の種類も多くない。おそらく、決して安くもない。

ただし、ストーリーが見える。そこに『人』を感じた。

人としての、夫婦としての、呼吸と呼ぶべきか、息吹と言うべきか、そんな感じを。


心がほっこりと温かくなる。

6歳の紗加を見て、微笑みながら、

『お姉ちゃん、しっかりしとるねえ♪』

このセリフに、小さいお孫さんがいるのではと想像がつき、確認すると2歳5ヶ月のお孫さんがいるらしかった。

自分の孫の4年後の姿と、2年前の姿をだぶらせながらの優しい眼差し。

『やっぱりお孫さんはかわいいですか?』と、答えの分かった質問をしてみると、

『はいっ♪♪♪』と、これ以上崩れようのない、最高の笑顔が現れた☆彡

 

手ごろな2,000円のワインを買って店を出たが、ストーリーを感じ、夫婦の人生を垣間見た。


何か人の人らしさに触れて、心が温かくなるとともに、人の持つ優しさ切なさを感じて、胸が少し締まった。

やはり、人は『人』を感じ、『人』に温かさをおぼえるのだろう☆彡


ストーリーのこもったワインでも飲もうかな♪



shingo0906 at 21:01コメント(0)トラックバック(0)人生  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
大塚 慎吾
毎日のブログを読んで頂きありがとうございます♪

このブログによって、読む前よりも読んだ後の方が、人生が楽しく、明るく、素敵な響きを感じて頂けたら嬉しいです♪

僕の人生のモットーは、
 悗△衒』・エネルギーを高める
⊆分を深く信頼する
うまくいくという期待で満たす
です♪

人生は、「選択」できて「自由」であり、多くの人の人生に少しでも素晴らしい影響をプレゼント出来るよう、小さな、しかし、大きな変化をもたらす気付きをお楽しみ下さい♪

ありがとうございます(^O^)/
Archives
Favorite
  • ライブドアブログ