健康を選ぶ

2008年02月13日

健康の大切さを想う。

タンポポ最近つくづく感じることがある。

それは、≪健康の大切さ≫である。


今回の人生も健康があってこそ経験が出来るものであり、健康が失われると色んな制限を強いられることもあるだろう。

でも僕たちは、健康を過信したりしている。

心のどこかで、いつまでも健康でいられると盲信したりしている。


だからこそもう一度、健康の大切さを感じたい。健康に対する意識を高めていきたいと思っています。



shingo0906 at 15:43コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月07日

健康第一♪

どかべん6・7年ぶりに、けっこう体調を崩して、健康の大切さを改めて感じました。

食欲だけは落ちない僕ですが、不思議なもので今回はほとんど食べられませんでした。

最後に残った、唇の熱の花が回復への兆しです♪

←←←真似しないように(笑)



shingo0906 at 17:57コメント(0)トラックバック(0) 

2008年02月05日

熱の花で回復。

ゆきだるまやっと撃沈から立ち直りましたが、ここまで体調を壊したのも、本当に6・7年振りでした。

僕は風邪から回復する時には、最後に熱の花が出るというパターンがありまして、久しぶりに上唇に熱の花が咲きました(汗)

ということで、今日から東京です。

皆さん、体調にお気をつけ下さいまし



shingo0906 at 11:05コメント(0)トラックバック(0) 

2005年04月08日

健康というもの♪

芽
 
 
 
『人生のサプリ♪』といいながら、健康に関することに
ほとんど触れていなかったので、たまには書きます
 
 
 
 
 
今回の私達の人生は、始まりがあれば終わりがあります
 
魂は死なないとしても、肉体はいつか必ず死んでしまうのです。
 
ですから、僕でいうと、『大塚 慎吾』という人の人生には終わりが来ます
 
 
私達には人生が与えられますが、その間の責任は自分で負います
肉体という乗り物の健康もその一つです
 
であれば、私達の健康をどういう状態にするかは選択できるのです
 
他の全てが手に入っても、健康が失われたとしたらどうでしょうか?
 
大好き車にはハイオクという最高の食事を与えながら、
自分の体という乗り物にはハンバーガーという最低の食事をしている人は
意外といます
 
車は買い替えがききますが、体は交換がききません
 
私の尊敬するロバート・ベンソン氏も健康を失って初めて
健康の大切さを気づいた、といつも言っています
 
私は今、USANAという会社のサプリメントを販売していますが、
本当の意味で健康を得るには、2つの側面が大切です。
 
それは、『精神の健康』と『肉体の健康』です
 
 
『精神の健康』は、心の状態です。ストレスがなく、リラックスして、
充実感を感じ、人生を楽しんでいる状態です
 
この『精神の健康』の状態が悪ければ、肉体的な健康に直接的に
悪影響を与えます
 
まずは、大きな気持ちで人生を楽しみましょう
 
 
次は、『肉体的な健康』ですが、ここでは3つの要素が必要だと考えています
 
一つは、運動 今回は詳しく述べませんが、定期的に運動をしている
かどうかだけでも、がんの発生率は変化します
 
二つ目は、食事 口が美味しいと感じるものより、体が美味しいと感じるものを
選ぶ方がいいでしょう果物と野菜を多めに取るようにしましょう
(とか言いながら、僕は肉とお酒をたまには食してます)
 
三つ目は、食事で足りない栄養素を補うという事です
サプリメント等はその一つの手段です。
 
まだまだ、僕達は健康を甘く見ている点が多々あります
 
自分は健康で、病気は他人事だと、ついつい思いがちなのです
 
でも、健康は私達に与えられた最高のプレゼントであり、
それを選択するかどうかは、文字通り私達の選択一つなのです
 
ともに、高い健康状態を維持して、楽しく笑顔の耐えない人生を送りましょう
 
 
自戒の念もたっぷりと込めて・・・・


shingo0906 at 13:12コメント(1)トラックバック(0) 

2005年03月09日

おタバコ

ふっと考えた。タバコを止めて約3年になる
 
『タバコは二十歳になってから』というが、私はきっちり二十歳から吸い出した(笑)
別に法律を守ったわけではなく、法律が私に合わせてくれた感じだ
 
吸っているのは惰性というのが一番の理由だったように思う。
お金もかかるし、時には気分も悪くなるし、人に迷惑をかける事もあるし、何より自分の体をもっとも無駄遣いしている
 
10年吸ったタバコを止める最大のきっかけになったのは、妻の妊娠を知った時だった。
『俺は父親になるんだ!もう一切タバコは止めよう!』と瞬間的な決定でタバコを止めた。
 
タバコを止めるきっかけは、今は2歳になった愛する娘が私にくれた沢山の贈り物の中の一つである
 
 
タバコは純然たる毒物である言うまでもない。
 
日本政府も日本人の死亡原因の第一位はタバコであると発表している。
 
 
ただし、私の経験では『タバコは絶対に吸ってはいけない!!!』と思う必要はないと感じている。
 
絶対にだめだ!と思うと制限を感じる。不自由を感じる
 
それは制限ではなく選択で、不自由ではなく自由なのである
 
つまり、「タバコを吸うという選択もできるし、タバコを吸わないという選択もできる」という事で、私達は常に選べるという事だ
 
私は、10年間タバコを吸うという選択を毎日してきて、妻の妊娠というきっかけで、タバコを吸わないという選択をし、それから3年間毎日タバコは吸わないという選択をしてきた。
 
そして、私の一生を通して先祖から・親からもらった大切な体を毒づけにしないために、今後ずっとタバコは吸わないという選択をし続けるだけだ。
 
人生は選択できる。健康は選択できる。選択した結果を私達は得る。
 
 
 
・・・・・・次はお酒の量を減らすという選択をしようかな・・・・・・・
 
 
チャンチャン
 
 


shingo0906 at 09:44コメント(1)トラックバック(0) 
Profile
大塚 慎吾
毎日のブログを読んで頂きありがとうございます♪

このブログによって、読む前よりも読んだ後の方が、人生が楽しく、明るく、素敵な響きを感じて頂けたら嬉しいです♪

僕の人生のモットーは、
 悗△衒』・エネルギーを高める
⊆分を深く信頼する
うまくいくという期待で満たす
です♪

人生は、「選択」できて「自由」であり、多くの人の人生に少しでも素晴らしい影響をプレゼント出来るよう、小さな、しかし、大きな変化をもたらす気付きをお楽しみ下さい♪

ありがとうございます(^O^)/
Archives
Favorite
  • ライブドアブログ