考え方

2008年08月14日

壁。

壁 人生にはいろんな壁が立ちはだかることもある。

そして、その壁を越えたときにどんな景色が見えるかがその後の人生に大きな影響を与えることがある。

それは超えないと見えない素敵な景色だったりする。



shingo0906 at 18:48コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月09日

首を長く、

きりん
キリンの様に首を長くして待つからこそ、実際にそうなるとありがたく感じたりするものだ。

何事も、ものは考えようである。



shingo0906 at 11:59コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月31日

『今』が統合する。

夕暮れ 人生を振り返って感じる事は、そして、多くの人が口にすることがある。

それは、『今までの人生はあっという間だった』である。

つまり過去数十年間が一瞬だったと思えるわけである。

しかし、例えば今から映画を見るとして、その映画が2時間あれば、たしかに時計を見てもこれから2時間を必要とするだろう。

にもかかわらず、見終わってみれば、あっというまの2時間だったという事になる。


ということは、長い過去も、映画の2時間も、過ぎてしまえば『今』に統合された事になる。

分かりやすく言うと、圧縮された『今』という感じだろうか。


では未来はというと、永遠に続くように思えることもあるが、まだ『今』に統合されていない『今』であるとも言える。


ならば、『今』を楽しむ事である。


後悔も不安も必要ない。


ただただ、『今』を味わう事であろう。

 



shingo0906 at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月30日

パートナーシップ♪

パートナー 真のパートナーシップとはなんだろうか?

そこにはきっと、『語らない理解』が存在しているような気がする。

そこを理解して、信頼しあう関係性が深いパートナーシップにつながるだろう。



shingo0906 at 23:20コメント(0)トラックバック(0) 

2008年07月10日

何度でも。

トンボ

 僕たちは何度でも脱皮できる。

それは今までの自分を否定する事ではなく、新しい何かが加わってバージョンアップしていくイメージ。

だから何度でも何度でも脱皮できる。


今までの殻を脱ぐと、新しい世界が美しく目に飛び込んでくるかもしれません。


 



shingo0906 at 09:41コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月30日

トカゲ。

トカゲ 右手と左足を上げ、一歩前へ。

左手と右足を上げ、もう一歩前へ。

どこに進むか、そしてどこにいるかは、全て一歩一歩の積み重ね。

人生これまた然り。



shingo0906 at 00:26コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月29日

ハチ。

蜂 人が驚き、脅威に感じるほど大きな蜂の巣も、最初の取っ掛かりがなければ、それ自体が存在しない。

最初から大きな状態の蜂の巣があるもんだと思い込みがちだが、当然そんな事はなく、全ては取っ掛かりと継続の成せる業。

人生これまた然り。



shingo0906 at 00:23コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月28日

バッタ。

バッタ 大きくなるバッタも、最初は小さい。

最初から大きい事を期待してしまうこともあるが、小さい時期を経験することなく、大きくなる事はない。

人生これまた然り。



shingo0906 at 00:12コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月12日

どこに立つか。

立ち話 どこに立つかで見え方は変わる。


自分が自分をどう見ているか。

自分がどう見られると自分らしいか。


その立つ場所が適切なら、さらに人生は広がるだろう。

もし立つ場所が思わしくなければ、誤解も受けるだろう。


いかに自然体で、リラックスして、適切な場所に立つか。

人生は本来の自分と、自分の影とのギャップの差がないほうが楽で楽しいだろう。



shingo0906 at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月08日

水 梅雨の季節で、不快を感じる事もありますが、雨には沢山の恵があります。

実際人は、水なしでは生きていけません。

傘の花が開くと、空は日本に必要な水を与えてくれますね。



shingo0906 at 23:46コメント(1)トラックバック(0) 

2008年06月07日

環境を選ぶ。

洋服 その環境にいると、そのようになる。

場所、人、思考。

どのような状態で生きたいかが明確であれば、そうなるような環境を選択するだけの話しであろう。



shingo0906 at 23:38コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月04日

自分が見ている♪

ねこ 決して人は見ていなくても、自分のことは自分が見ている。

だから、自分に素直に、裏表なく、優しく生きていきたい。

人に見せるためでなく、素敵な自分を見るために。



shingo0906 at 16:23コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月01日

もしも、

ようせい もしも、それぞれの人に中に、こんな妖精がいたとしたら、僕達になんて言うだろうか?

きっと何の制限もせずに、

『自分の好きなように、自由に人生を楽しみなよ』って言うだろう。

 

 



shingo0906 at 15:58コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月26日

積み重ね。

き 人生は積み重なって形を成す。

一見大きな功績も、何かの積み重ねであったり、行動の年輪を重ねて為されたものであろう。

木も然り。

ここまで大きく成長するには何十年何百年の月日を重ねた事だろう。

昨日の種が、今日のこの状態ではない。


僕たちはついつい、すぐに結果を求めてしまったりする。

しかし、真の結果は緩やかでも確実に積み重なって得られるものだろう。


木の成長にそれを想う。



shingo0906 at 15:04コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月20日

勇ましい傘たち。

かさ 午前中の東京はものすごい雨風だった。特に風。

僕はコーヒーショップの中から外を通る人を時折眺めていた。


そして、何だか心が温まった。

『傘が勇ましくもいじらしい』と思えたのだ。

傘を差していない人はいない。

逆を言えば、雨の日しか雨傘は差されない。


そして、それぞれの傘たちが『俺(私)の出番だ』といわんばかりに、持ち主を雨と風から守ろうとしているように見えた。

雨風に決して負けない高級そうな傘もいれば、あっという間に屈してしまっているビニールがさもいる。

それでも、完全にひっくり返ったりしながらも、持ち主を精一杯に守っている勇ましさが垣間見れて、日頃感じる傘に対するありがたみよりも大きなそれを感じた午前中でした。



shingo0906 at 18:05コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月23日

『・・・である』を感じて。

ハート 僕たちはついつい、『・・・になる』を意識して、それを目指したりする。

それも良いが、『・・・になる』よりも『・・・である』に目を向けると本当の自分が見えてくるかもしれない。

そして、僕たちは常に今、『・・・である』なのだから。



shingo0906 at 23:53コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月20日

十分がふくらむ。

金魚 時々、聞かれることがある。

『将来の目標は何ですか?夢はありますか?』

もちろんある。・・・が、実はあまり最近は意識していない。

今が足りないという前提が必要な目標ではなく、今が十分という感覚が膨らんでいくようなイメージが常にあるのです。

今が十分で、ふくらめば、もっと十分。



shingo0906 at 11:12コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月13日

ほんの少しの気付きが、

キューピー 人生は、ちょっとした偶然という必然の連続であるけど、そのちょっとしたことが大きな変化をもたらす事が良くある。

そして、ちょっとした気付きが、予想も付かないほど大きなきっかけとなることもある。

人の一言が、本のワンフレーズが。だから、アンテナは高く感度よく。



shingo0906 at 10:46コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月10日

人生に『理由』を求めない。

つき人生は、自分の好きなように自由に選択できる。

行きたい方向に進む時も、何かを始めるときも、自分がそうしたいと感じたとすれば、それが自分にとって素敵な選択となる。

では、果たしてそこに理由は必要だろうか?

理由は後づけであろう。

直感的に、感覚的に、自然と『そうしたい』と思うことに、理由は必要ない。

もしも『なぜ?』と聞かれれば、『そうしたいから』で十分のような気がする。


しかし、『なぜ?』という理由を、その質問を有効に活用する事はできる。

それは自分の選択した事を、自分の中で確かめて確固たるものとする場合である。


だらか、後づけである。


生きたいように生き、ありたいようにある。


理由は常にその後を追っかけるのである。



shingo0906 at 19:19コメント(1)トラックバック(0) 

2008年04月03日

小さい、大きい。

ねこ取るに足らないとっても小さなことが、とっても重要で大きく感じられる事がよくある。

でも過ぎてみたら、やっぱり取るに足らない小さな事だったりする。

本当に大切なのは何かを見つめる必要があるだろう。



shingo0906 at 21:50コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月21日

自給率。

自給自足
日本の自給率は38%。

アメリカの自給地は130%。

本来は自給自足があるべき姿ではなかろうか。

 



shingo0906 at 17:09コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月13日

学ぶ事。

猫そこからは学ぶべきものはないであろうと思った瞬間から、そこに何の学びもない。

もしからしたら、何か新しい気付きがあるかもしれないと思った瞬間から、きっと小さなきっかけがあり、大きな学びをもたらしてくれたりする。

そんな経験はよくあることだ。

ちょっとした視点の切り替えだけで、人生は変化したりする。



shingo0906 at 18:32コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月09日

どの側面を見るか。

望遠鏡事実はどの側面から見るかで、大きく解釈が変わる。

人の心もしかり。

その人の、どの部分を見るか、どの気持ちを大切にするかで、人間関係は大きく変化する。

僕達はどんな側面を見ているのだろうか?



shingo0906 at 19:38コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月08日

素敵な錯覚を♪

錯覚人生は、錯覚と思い込みの産物かもしれない。

僕たちは人生を、地球のように球として全体を認識する事は少なく、物事や出来事の一側面を理解して、それがあたかも全体かのように自分の視点から認識している。

人生観や、価値観や、判断に違いが出るはずである。

では、問題です。

AとBは、どっちの色が濃いでしょうか???

もちろんBと言いたいところですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

 

正解は・・・・・・、AもBも同じ色で、同じ濃さです。

こうして僕たちは錯覚する。

同じ色でも、同じ濃さでも、背景が違う事で、捉え方も認識も変わる。

つまりは、同じ人が同じ考えを持っていたとしても、背景が違ったり、一緒にいる人達が違う事で、その人自体が違って見えたりという現象が起きる。


大切なのは、曇りなき眼で、大きな視点で、本質を見定める事かもしれない。

そして、錯覚するなら自分も周りも、温かく幸せを感じられるような、素敵な錯覚をしたいものだ。



shingo0906 at 09:56コメント(1)トラックバック(0) 

2008年03月04日

春が来る♪

いえ気がついたらもう3月♪

春が来ますね☆


今年の冬は寒かったので、春がより春に感じられるでしょう

つくしの子が顔を出しますね♪



shingo0906 at 11:45コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
大塚 慎吾
毎日のブログを読んで頂きありがとうございます♪

このブログによって、読む前よりも読んだ後の方が、人生が楽しく、明るく、素敵な響きを感じて頂けたら嬉しいです♪

僕の人生のモットーは、
 悗△衒』・エネルギーを高める
⊆分を深く信頼する
うまくいくという期待で満たす
です♪

人生は、「選択」できて「自由」であり、多くの人の人生に少しでも素晴らしい影響をプレゼント出来るよう、小さな、しかし、大きな変化をもたらす気付きをお楽しみ下さい♪

ありがとうございます(^O^)/
Archives
Favorite
  • ライブドアブログ